読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

You are my light

八乙女光くんを応援しています

鶴の恩返し


もう気付けば10月で、あと3ヶ月で今年も終わりますね。
春先からずっと光くんの新しいお仕事を待ち望んで、お仕事が順調な他のメンバーに醜い嫉妬をしちゃったりもしましたが、そんな2016年ももうすぐ終わるのか…。

さて、先週はJUMPファンをやっていて1番ダメージが大きかった1週間でした。
Twitterじゃ不用意に言えないことだらけで…。

私は、アイドルって仕事はそもそも”偶像を演じること”だから、プライベートまで表のイメージである必要はないと思っています。一般人だって、学校や職場での顔とプライベートでは全然違うのが当然だと思いますし。
むしろ、表の顔と裏の顔が違えば違うほど、プロのアイドルだなぁ!と感心するかもしれません。

但し、「裏の顔がバレなければ」の話ですが…

裏の顔がバレた瞬間に、アイドルはプロ失格と言われてしまうのだと思います。
そして、裏の顔がバレた時こそ、イメージとかけ離れていることが大きなマイナスになる。
でも、その裏の顔を許せるか許せないかは、アイドルをやってる時のその人を、どういう観点で好きかによるんだろうなぁ…と。

私の場合は、今回の件が自担だったら、正直、ファンをやめていたと思います。同行者の立場にいても多分やめています。
相手の方の印象もありますが、何より旅行ネタを”表の顔”で、メンバーとの仲良しエピソードとして話していたのが本当に残念だからです。
空港で2人の目撃情報が出てたから、隠すのは逆に不自然だと判断したのかもしれませんが。
でも、この件がきっかけで、本来なら聞けて嬉しいはずのメンバーとのプライベートエピソードも、実はその裏には何か隠したい秘密があるかもしれないと、ファンが自動的に疑ってしまうような状況にさせたのも、とても罪深いと思ってしまいます。(例えば、やぶぺに書かれていたやぶひかちねのカラオケネタも、一般人の考えるカラオケボックスじゃなくて、六本木あたりの会員制クラブで女の子達もいるカラオケなんじゃないか……とか)
そしてそんな疑心暗鬼の中で、実名も上がっていないし、ソースも不確定な東スポの記事が、まるで事実かのようにネットで面白おかしく騒がれていることも、今回のスクープが火に油を注いだ結果だと思います。

光くん個人に関しては、ここ数年はスキャンダル的なプラべの目撃情報や噂はないようですよね。(私が知らないだけかもしれないけど…)
でも、それでも、八乙女だって昔は遊んでた!って言う人がいるので、ファンじゃない人にとっては、一度ついた悪いイメージってなかなか消えないんだなぁ、と思います。
ただ、10代なんてまだまだ思春期で人間的にも成長過程なんだから、そのイメージをいつまでも引きずるのは辞めて!とちょっと擁護してみたり。完全無欠な人間なんていないし、ネットの噂レベルで真偽は不明ですしね。

もちろん私自身、光くんが全く遊んでいないとは思っていないし、それこそ、どんな裏の顔があっても不思議はないと思います。
ただ、隠し通してくれている今は、光くんをプロのアイドルだと認識しています。
まぁ単なる熱愛報道なら、私は全然受け入れられますね。でも、それで光くんが批判されたりするのは嫌だから、やっぱりどんな熱愛でも隠し通してほしいのが本音です。
さすがに人間性を疑うような裏の顔を知ってしまったら、もう応援できなくなるとは思いますが。
ただ、お仕事が大好きな光くん、周りに感謝できる光くんが、そのようなヘマをする事は、きっとないと信じています。
でも少し心配なのは、前の記事で書いたように、最近仕事中に眠そうな時があったり、ひかぺの更新が遅れたり、そういう小さな綻びが出てきたところ。
私は実は、今回スクープされたメンバーを全然意外だと思わなかったんですが(ネットで噂を見てたのもあるけど)、その1番の理由は、シブ5時でのスマホ事件があったからです。やっぱりお仕事にどこかで手を抜いてる人は、絶対に私生活にも隙が出てしまうものだと思います。
光くんはお仕事が忙しい時ほど、お仕事にストイックになって、小さな事も手を抜かないタイプだと思いますが、私個人の感覚としては、今年は光くんのストイックな面をあまり見れていないので、こういう時に足元をすくわれないでほしいな…と。
今までは、光くんに関してこういう心配をする事なんてほとんどなかったんですが、ちょっと最近は気になってしまうのが本音です。
本番前にえずいてしまうような(大ちゃん談)、真面目で心配性な光くんが好きなので。
新しい大きなお仕事が決まってくれれば、きっとまたストイックモードに入ってくれると思うんですけどね…(都合のいい話ですが…笑)

あともう一つ気になっているのは、今のグループの雰囲気がどうなのか。
ネット社会で、色々な情報が出回る時代なので、”裏の顔”を隠し続けるって、昔よりずっと難しくなっているのは確かだと思います。
でも、こんなに立て続けにスクープされてしまうのは、やっぱり少し緩んでいるんじゃないかなぁって思います。
2015年、24時間テレビのメインパーソナリティをやり遂げ、人気も知名度も爆発的に上がったのは確かですが、最近のJUMPはただこのまま用意されたレールを進めばいいと考えているように感じて、ハングリー精神が見られなくなったな…と。(※あくまで私個人の感想です)

私がJUMPというグループが最高潮に好きだと思ったのは、去年のカウコンなんですが、あの時は本当にJUMPの未来に期待しかない!!と思っていました。
でもいざ年が明けてこの9カ月、グループとして大きくなった、成長した、って言えることあったのかなぁ…?と。
仲良しアピールは馴れ合いのように感じてしまうし、メンバー同士でやっている安易な腐売りも、すごくビジネス感があって、私は好きではありません。(この部分、光くんも多分に関わっているので、いつもすごく複雑なんですが。)

そう思うファンは少数派なのかもしれません。現にプライベートも仲良しでギスギスしない平和なJUMPに癒されているファンも多いだろうし、そういうJUMPが好きで新たにファンになった人はたくさんいると思います。
これからJUMPの進む道と、私が理想に思うJUMPが違うなら、私がファンをやめればいいだけの話ですし。

でも、仲が良いからこそ、グループを一番厳しい目で見れるのもメンバーであってほしい。
メンバーのフォローが、誰かの尻拭いではなく、誰かが新たな事を頑張るためのサポートであってほしい。
彼らが、もっともっと大きなグループにしたい、マルチに活躍できるグループにしたい、と本気で思っているなら。

いつまでも事務所の力は続かない。だから自分達の力でこれから進む道を描いていってほしい。

今回の件で、私の中で思い描いていた鶴は飛んで行ってしまいました。
これからのJUMPを見て、また新たな鶴として応援できるかどうか、10周年までは見届けていきたいと思っています…。