読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

You are my light

八乙女光くんを応援しています

アラサー鬼女がジャニオタに ⑤派閥編


東京ドーム公演以降の2013年のツアーは、またそれまでの様に、ネットに上がってくるコンレポを楽しみに過ごしていました。
このツアーでは、光くんがMC中にメンバーのキャラを描くというのをやっていて、毎回新しいぷぅの闇写を必死に探していたのを覚えています。

一方で2013年は大きな出来事がありました。

まず、JUMPが少クラを卒業したこと。そして、ヤンヤンJUMPが突然終了したこと。
少クラでは交代で司会を担当していたJUMPですが、突如として6月の収録から参加しなくなり、JUMPの番協募集欄からも消え、そのまま卒業というような形になりました。
ヤンヤンJUMPも、本当に何の前触れもなく、テレビ番組表の次週放送回にさり気なく「終」の文字がつき、え?誤植?リニューアル?何で?という感じでした。
しかも最終回も、番組内で最終回ということに特に触れられることは無く、やぶひかが石原良純さんとダムを見に行くというごく普通の(失礼)内容でした。
これを収録した時は、光くんも薮くんも、スタッフさん達も最終回になるとは思ってなかったのかもしれないな…と思うと、やるせない気持ちになりました。
でも同時に、またいつか復活するって気持ちを込めて、編集時にも、敢えてテロップやナレーション等で最終回とは入れなかったのかもしれないな、そうだったらいいな、とも思いました。

そんな中、ジャニーズフィルムフェスタの開催が発表されました。東京ドームシティホールで8月から開催されたフィルムフェスタは、JUMPが、城島くんから事務所のライセンスはデビュー5年で失効すると告げられ、先輩ジャニーズから色々学んで、ライセンスを更新するというような内容でした。(ざっくり言うと。)
そして、出演した先輩がいわゆるジュリー派閥のグループばかりだったので、直近の状況も含め総合的に考えて、JUMPは派閥を移動したのではないか、という話がまことしやかに語られるようになりました。

正直、私自身もともとかなり現実主義的なところがあるので、こういう夢の世界の舞台裏は極力見たくないというか、詳しく探っても冷めるだけなので、できるだけ深追いしたくない派なのですが、派閥移動はJUMP自身が望んだと言われていて、まあそれが真実なんだろうな、とは思っています。


ジュリー派閥になって、JUMPは飛躍的にテレビ露出が増えたし、CDも出してもらえるようになったし、飯島さんも退職してしまった今となっては、ほとんどのJUMPファンは、あの時派閥を移動して良かった、と思っていると思います。 

ただ私自身は、派閥が移動しようとしまいと、光くんの資質や魅力が変わるわけではないので、どちらが良かったのか、現時点で特に結論を持っていません。
どちらの派閥にも大なり小なりメリットデメリットがあったし、そもそも派閥なんて無く色んな先輩とお仕事ができる方が良いに決まってます。(SMAPとの共演を断たれてしまったのはすごく残念でしたし。)

これから先の芸能生活においても、光くんにとって、事務所の力が追い風になる時も逆風になる時も、どっちもきっとあると思うけど、光くんは風向きなんかに左右されないで、自分の信じた道を着実に進んで行って欲しい。
今はとにかく、そう願っています。